来るだけで楽しめる、
支え合いのコミュニティスペース
まちなか情報室ぜっぴは、商店街の活性化を目的としてつくられたコミュニティスペース。全員参加型の自己管理運営をめざし、出店者がオーナーとなる『ぜっぴ方式』と呼ばれる独自の制度を持つ。店舗内にはレンタルボックスコーナーによる物販はもちろん、専門スタッフによる相談室や服飾製作、マッサージなど、あらゆるものを取り扱う。まちの誰もが気軽に訪れ、触れ合いやつながりの機会を持つことができるスペースとして、商店街を活性化している。
審査員ポイント
ひとりのオーナーが運営するのではなく、出店者全員がオーナーである『ぜっぴ方式』が非常にユニークです。自分たちの手で運営することで、自己成長ややりがいへとつながっています。
組織・機能の成熟度が高く、さらに活動している皆さんがとても楽しんでいる点が評価されます。
まちなか情報室「ぜっぴ」事業部 ゼネラルマネージャー
桒田慶子さん
「売る楽しみ、買う楽しみ、そして、人と集うことの楽しみがここにあるんです」
モノの売り買いは理由、目的は人。
ここにある商品を買ってほしいとか、流通させたいということよりも、「ここに来たら元気になるよ」ということを伝えたいんです。もちろん自分が出店した商品を買ってもらえたらうれしいけど、買わなくてもいいからぜっぴへ来て楽しんでほしいという気持ちでやっています。みんないろんな悩みを抱えていると思うんです。「あなたの悩みを聞きますよ」ではなくて、立ち話のなかで自然なかたちで話を聞くのがいいんです。これまでいろんな話を聞いてきました。一緒に涙を流したことはもう数え切れないくらいありますよ。人の悪口は全くありません。「みんなで支え合って生きていきましょう」という考えが基本にあって、それがルール。みんなで成長していこうと思っています。日々ドラマがあり、ぜっぴにも、自分自身にも成長があります。ぜっぴが何より大切にしているのは、支え合いの気持ちです。「ここに来たらほっとする。生き返った気がする」という言葉がいちばん嬉しいし、その言葉がぜっぴの存在意義なんです。
責任を持つということの意義。
ぜっぴには現在、オーナーが185人います。普通のお店だったらオーナーも店長も一人ですよね? けど、ここはみんながオーナー。日替わりで店長をやるんです。すると、積極的に運営に関わっていこうという気持ちになるんですよね。そして、その分責任が生まれてくるんです。みんなが責任を持って、楽しくやっているのがここのシステムのいいところ。責任を持つということは、自分を必要としてくれる人がいるということにつながっていくんです。自分自身が輝くことができるんです。活動していて大変だと思ったことはありません。何か問題が起こったら、その日の店長が解決してくれますから。大変そうに思われるけど、本当に大変なことはないんですよ。みんなが支え合って、楽しみながらやっています。下は25歳から上は88歳まで、年齢層の幅広さも楽しさのひとつです。
コミュニティの集積がまちだから。
地域を支えるリーダーをつくりたいと思っています。一人がすべてをするのではなく、みんなで力を合わせて、ひとつのまちをつくっていきたい。まずは家庭で、仲間で、ぜっぴで、と、その輪を広げていくと、地域のリーダーが増えていくのではないかと思っています。それがいいまちをつくるということにつながっていくと思うんです。
INTERVIEW
まちなか情報室「ぜっぴ」 運営メンバー
萩原さん、松井さん、土井さん、佐々木さん、桒田さん、二岡さん
ぜっぴのメンバーになってよかったことって何ですか?
いろんな人に会えることです。あと、お客さんに自分の商品を喜んでもらえたり、少しずつファンが増えたりすると嬉しいですね。もちろん、販売することで収入が得られるので、生活費の足しになることもそうですが、それより人と人とのつながりの中で得られることのほうが大きいです。お客さんの笑顔を見ることもそうですが、自分たち自身がここに来ると笑顔になれるんです。それまで一人で家に閉じこもっていた人も、ぜっぴができてから外に積極的に出るようになったという話も聞きます。ぜっぴに行けば話し相手がいるし、元気になる。最初はぜっぴの活動に理解がなかった家族も徐々に理解してくれるようになって、今では喜んであと押ししてくれています。ぜっぴの天井の電球を替えてくれたり、ゴミを捨ててくれたりと、協力してくれるまでになりました。ぜっぴをはじめてからストレスがなくなって、家族の関係もよくなったという人も多いんです。私たちの手帳は、「ぜっぴ、ぜっぴ、ぜっぴ」で埋まっています(笑)。今後、もっとお客さんを増やして、輪を広げていきたいと思っています。若い人たちにも来てほしいですね。

 

NEWS from
まちなか情報室「ぜっぴ」事業部
○団体名
まちなか情報室「ぜっぴ」事業部
○住所
福山市笠岡町1-8
○営業時間
11:00~18:00
○定休日
火曜日
○問い合わせ先
084-983-0667
○Web
http://zeppi.jimdo.com/
○主な活動場所
福山市笠岡町1-8