瀬戸のもち豚せと姫
豚さん()は、大切に育てられ姫となる。
黒麹菌飼料で育てたメスの豚だけの、上品な脂の甘さ。
福山の温暖な気候と、豊かな自然に囲まれた瀬戸牧場で育て上げられたメスの豚。つきたてのおもちのように光沢があり、あっさりとしながら甘味を持つ脂肪ときめの細かい筋繊維で作られる臭みのない赤身が特徴。飼料は、食品工場から出される余剰食品を、麹菌で発酵させてスープ状にしたものを与えています。それによって、通常の豚より脂の融点が低く、口どけよくしつこくない美味しさの肉となります。麹菌は、福山出身で「近代焼酎の父」として有名な河内源一郎が発見したものです。豚舎では床にウッドチップを敷き、のびのびと育てています。
審査員ポイント
臭みがなくて口の中で溶ける肉質。しゃぶしゃぶで食べると、ポン酢との相性も良く、クオリティの高い豚肉。
脂の溶け方が素晴らしく、とても美味しい。育て方も興味深く、高級感がある。
健康な豚は、お肉も美味しい。
昭和38年の創業当時から豚を自社で肥育し、加工、販売しています。肥育方法にもこだわりがあります。食品工場で出る余剰食品を、さらに黒麹菌で発酵させ、甘酒のようなスープ状になった独自の「エコフィード(リキッドフィード)」という飼料で育てていますす。クエン酸や消化酵素を多く含み、健康にもよいため、肉の品質があがります。黒麹菌は焼酎づくりに欠かせない麹菌であり、発見した河内源一郎さんは実は福山市出身で「近代焼酎の父」とも呼ばれている人なんです。弊社で育つ「もち豚」は健康に育っているため、脂の質がとても良いんです。具体的には、脂の融点が低いため、口どけが良く、しつこくありません。脂に甘みもあります。「瀬戸のもち豚せと姫」は、中でもメスの豚だけのブランドです。オスよりもメスの方が、臭いが少なく肉質も柔らかいんです。
一頭一頭と向き合い、触れ合って。
私たちは豚さん(注記:生産者の豚の呼び方)に余計な負荷をかけたくないと考えています。なので、放牧スタイルで肥育しています。豚さんたちは豚舎の中で一緒に遊んだり、じゃれたり、のびのび過ごしています。養豚の現場では、身動きがとれないくらい狭い豚舎で育てる「密飼い」が主流で、運動をしない分、早く育ち効率がいいんです。ですが、私たちがとっているのは真逆のスタイル。手間も倍以上かかります。寝床には、バーク材(チップ)を敷いていて、中にいる微生物が豚さんの排泄物を吸収・分解してくれるようになっています。瀬戸牧場には約4,000頭の豚さんがいて、一頭一頭と向き合わないと良い仕事はできません。天気、温度、湿度によって、日常的なケアをしています。夏は水をかけたり風をあててやったり、冬は冷たい風が入るので、豚舎全体をシートで囲ってあげたりしてますね。
福山を代表する、豚肉に。
伝えたいのは、私たちは動物の命をもらって生きているんだということ。お肉になるという、人間が勝手に課した使命にもかかわらず、彼らがそれをまっとうしてくれていると思うと、感謝の気持ちでいっぱいになります。味も自信を持っていますので、ぜひ福山の豚として食べていただきたいです。そして、もち豚を食べてもらう機会を増やしたいなと思い、今年から「ニッチクダイナー」という取り組みを始めました。年に3~4回のペースでやっていきたいと思っています。第1回はバーベキューをして、従業員自ら一番おいしさが伝わる焼き加減で提供しました。脂の甘み、質の高さを感じていただくには、焼くのが一番です。塩コショウだけでシンプルなトンテキにしてみてください。もちろんしゃぶしゃぶも美味しいです。アクが少なく、いい出汁も出るので、シメまで美味しくなりますよ。
NEWS from
日本畜産株式会社
○商品名
瀬戸のもち豚せと姫
○事業者名
日本畜産株式会社
○住所
福山市瀬戸町大字地頭分540
○定休日
日曜日
○問い合わせ先
084-946-6800
○Web
http://www.nicchiku.co.jp/
○購入可能場所
日本畜産わくわく市場店、フレスタ(北吉津・多治米・三原店)、ネット販売(自社サイト、Amazon)